商品について/お布団の選び方のコツ/ 布団通販は【西川チェーン賞受賞 ふとんタウン】

商品について

まず暖かさ表示「★」の数を見てみましょう!
簡単に暖かさのランクが分かるように、暖かさ(保温力)を★の数で表示しています。
品質はどのランクもご安心できる西川などトップメーカーを選びました。

おふとん探しの参考になりましたか?
それでは、あなたにぴったりのおふとん探しをしてみましょう。

次に「ダウン・生地・キルト」の3点をしっかり見てみましょう!

  • ダウンの品質の見極め方(保温力が決定します)

  • かさ高の数字を見る
  • とても簡単。かさ高の数字を見ると、分かります。数字が高いほど、保温力が高くなります。 冬に使うならかさ高138ミリ以上をオススメします。(市場には、138ミリ以下はいくらでもありますが、 一定品質以上をオススメします。)
  • ダウン率を見る
  • せっかく、かさ高が高くても、ダウン率が低ければ全く意味がありません。 ダウン率の高いものほど暖かくなります。ふとんタウンではダウン率85%以上をオススメします。
  • ふとんタウンで販売中の羽毛布団は、ダウンの品質(かさ高)の値を参考に、 暖かさ(★★)の★の数を使って表示しています。★の数が多いものほど、暖かくなります。
  • ポイント
  • ダウンの産地ばかり見て決めないで下さい。
    産地が同じでもダウン品質はさまざまです。しっかりと、かさ高の数字を見て決めましょう。

    臭いについて
    保温力とは別にダウンをしっかりと清潔に処理したかどうかで臭いも決まってきます。

    一定品質以上の取り扱いについて
    特に羽毛布団は、保温力の高くない商品を一度買ってしまうと、あとでいくら毛布を重ねても、 掛け布団を何枚も重ねても、肝心の羽毛布団が重みでつぶされて、保温力は上がらないし、 重いだけで、ちっとも暖かくならないんです。一定品質以上の上質の羽毛布団なら、 例えば、軽い毛布でもふんわり暖かく眠れますよ。光代ママは、真冬だって綿毛布と羽毛布団で 軽く快適に寝ています。だから、羽毛布団はしっかり見極めて選んでください。

  • 生地の品質の見極め方(耐久性・肌触りが決定します)

  • 使い心地の良さは「綿」
  • 使って気持ちいいのは綿です。中でも肌触りのよい超長綿がいいです。 ポリエステル混の生地は、柔らかく感じる生地にはなりますが滑りやすくムレ感が気になる場合があります。 比較的安価な商品に使用されることが多いです。 *超長綿にもランクがありますので超長綿だからといって一律ではありません。
  • 羽毛布団に適した生地かどうか
  • 1番大切なのは、もちろん羽毛布団としてしっかりした生地を使っているかどうかです。 これは、ふとんタウンで販売している羽毛布団は、打ち込み本数の高い生地のみ厳選していますので、安心できます。
  • ポイント
  • 生地の打ち込み本数が全てではありません。
    生地のよしあしを決定するのは、打ち込み本数の多さだけではありません。 使用している糸の種類や、織り方によって肌触りも耐久性も全然違ってきます。 打ち込み本数が必要以上に多すぎるとかえって硬いゴワゴワの生地になります。 本数だけにとらわれて選ぶと、思った商品でないこともあります。 ふとんタウンでは、総合的に生地を判断し、生地のマークとして表示しています。ご参考にして下さい。
  • キルトの品質の見極め方(ダウンの片寄りや保温力アップ効果)

  • 縫製を見る
  • 縫製(立体キルトは基本中の基本。ふとんタウンで販売している羽毛布団は全てなっております。 その上で、マス目からマス目に移動を防ぐキルト加工など、より暖かさの工夫を施している加工縫製) で選ぶといいでしょう。
  • ポイント
  • ゴールドマークについて
    西川リビング(大阪西川)・ロマンス小杉の商品は、ゴールドマーク表示はございません。 これは、西川リビング・ロマンス小杉のメーカーそのものがこの表示を採用していない為です。 西川リビング・ロマンス小杉は、独自の品質基準を設けて販売しています。 もちろん、商品には細かく表示記載されたタグがきちんと付いています。ふとんタウンの商品説明にも記載がございます。 西川リビングといえば、寝具のトップブランド。その品質の確かさは、一般的によくご存知のところだと思います。

「かさ高・ダウン率・生地質・キルト」をチェックしましょう!

光代ママ

最後にお店選びも大切。信頼できる店を選びましょう!
これで、あなたも、羽毛布団を選ぶ基本知識はバッチリです。 ふとんタウンでは特典付きなどお買い得満載でお届けしています。是非、ショッピングをお楽しみ下さい。