商品について/お布団の選び方のコツ/敷き布団の選び方 布団通販は【西川チェーン賞受賞 ふとんタウン】

商品について

「何枚重ねても重くなるだけで、多少暖かくなっても身動きがとれない。」
そんな方は多いはず。 暖かさは、「おふとんの保温力をいかに上げるか」で決まります。 決して「布団を重ねた枚数と重さ」に比例するものではないんですよ。

  • 畳・フロアでお使いの方
  • 畳・フロアでお使いの方
  • 軽くて暖かく寝ていただくのに一番重要なのが、(2)メインの掛け布団と(5)の敷き布団です。 (2)と(5)には予算をかけて、いいものを選ばれることをオススメします。
    比較的安価で効果的なのが(4)の敷きバッド、次に(3)の毛布が効果的です。
    (1)〜(5)を揃えれば、寒い北国の冬でも大丈夫です。
    春先になったら(2)〜(5)、暖かくなったら(2)(4)(5)と少しずつ減らしていきましょう。
  • 1.肌布団もしくは毛布で冷たい空気をシャットアウト

  • 真冬に寒く感じる場合には、羽毛布団の上に肌ふとんや毛布を1枚重ねてあげると、 とても暖かくなります。暖かくなってからも肌布団として使えるので、とってもお得です。
  • 2.掛け布団が保温力の決め手!予算をかけて

  • ここで保温力の低いものを選ぶと、毛布や肌布団をたくさん重ねたりしないと、 結局暖かさが出せません。ここは、一番にできるだけ保温力の高いものを選んでいただきたいですね。
  • 3.とにかく毛布を使うと暖かさは違う

  • よく羽毛布団は直接体に掛けて下さいと言われますが、毛布が中に1枚あるかどうかで、 熱が逃げず暖かさは全然違ってきます。綿毛布・アクリル毛布・ウール毛布と種類も豊富ですので、 特徴に合わせてお選びください。
  • 綿毛布 保温力はアクリルやウール製に比べると劣りますが、吸湿力に優れています。特に汗っかきなお子様にはおすすめです。
    アクリル毛布 価格も幅広く暖かさもありますが、寝相が悪い場合にずれやすいのが難点。 重いものから軽いものまで種類も豊富ですから、好みに合わせて選ばれるといいでしょう。
    ウール毛布 軽くて暖かく、吸湿性も備えています。 ご予算さえ許せば一番のオススメです。高嶺の花ですがカシミヤ100%のものは、 肌触り・軽さ・暖かさどれをとっても一番です。
  • 4.お求めやすくて効果は抜群、冬用敷きパッド

  • 肌ざわりが暖かな冬用の敷きパッドを使えば、お布団に入るときの勇気も必要ありません。 敷き布団にしっかりした厚みがあるのなら、敷きパッドは洗濯機で洗えないようなたっぷりした厚みのものではなく、洗濯機で簡単に洗え、肌触りが暖かく、中綿の少ないものがおすすめです。素材は耐久性に優れるアクリルや、カラッとした暖かさの綿があります。
  • 5.敷き布団って、暖かさに大きく関係します

  • 敷き布団ってあればいいと思われがちですが、暖かさにとってすごく大切なんです。 薄くて厚みのない敷き布団では、上にいくらお布団をかぶっても背中が寒く、快適な暖かさが得られません。 敷き布団は、厚みがあって保温力のある素材のものをお使いください。羽毛ふとんに予算を使いすぎてしまっても大丈夫。お持ちの敷き布団をとりあえず探して重ねてみて下さい。暖かくなると思いますよ!
  • 6.カバーは柄も大事、品質も大事

  • 寝具を長く快適にお使い頂くためには、カバーが汚れ防止のためにも重要です。 品質のよいカバーは生地の目が詰まっており、大切なお布団を汚れから守る効果も高いのです。
  • ベッドでお使いの方編
  • ベッドでお使いの方
  • 軽くて暖かく寝ていただくのに一番重要なのが、(2)のメインの掛け布団です。 (7)の冬用あったかカバーを使うと、掛け布団の暖かさをさらに高めてくれます。 比較的安価で効果的なのが(4)の敷きバッド、次に(3)の毛布が効果的です。 (1)〜(5)を揃えれば、寒い北国の冬でも大丈夫です。
  • 春先になったら(2)〜(5)、暖かくなったら(2)(4)(5)と少しずつ減らしていきましょう。
  • 1.肌布団もしくは毛布で冷たい空気をシャットアウト

  • 真冬に寒く感じる場合には、羽毛布団の上に肌ふとんや毛布を1枚重ねてあげると、とても暖かくなります。 暖かくなってからも肌布団として使えるので、とってもお得です。
  • 2.掛け布団が保温力の決め手!予算をかけて

  • ここで保温力の低いものを選ぶと、毛布や肌布団をたくさん重ねたりしないと、 結局暖かさが出せません。ここは、一番にできるだけ保温力の高いものを選んでいただきたいですね。
  • 3.とにかく毛布を使うと暖かさは違う

  • よく羽毛布団は直接体に掛けて下さいと言われますが、毛布が中に1枚あるかどうかで、 熱が逃げず暖かさは全然違ってきます。綿毛布・アクリル毛布・ウール毛布と種類も豊富ですので、 特徴に合わせてお選びください。
  • 綿毛布 保温力はアクリルやウール製に比べると劣りますが、吸湿力に優れています。特に汗っかきなお子様にはおすすめです。
    アクリル毛布 価格も幅広く暖かさもありますが、寝相が悪い場合にずれやすいのが難点。 重いものから軽いものまで種類も豊富ですから、好みに合わせて選ばれるといいでしょう。
    ウール毛布 軽くて暖かく、吸湿性も備えています。 ご予算さえ許せば一番のオススメです。高嶺の花ですがカシミヤ100%のものは、 肌触り・軽さ・暖かさどれをとっても一番です。
  • 4.お求めやすくて効果は抜群、冬用敷きパッド

  • 肌ざわりが暖かな冬用の敷きパッドを使えば、お布団に入るときの勇気も必要ありません。 敷き布団の厚みがしっかりあれば、洗濯機で洗えない厚みたっぷりのものより、洗濯機で簡単に洗える、 中綿が少なめものがおすすめ。素材は耐久性に優れるアクリルや、カラッとした暖かさの綿があります。 ベッドパッドだけをお使いの場合は、冬用のベッドフィッティパックシーツ(ボックスシーツ)を使うと、肌ざわりも暖かくなります!
  • 5.敷き布団って、暖かさに大きく関係します
  • スプリングマットの上に敷き布団を置いてあげると、 グッと保温力が増します。ベッド用に薄いタイプの敷き布団があります。
  • 6.ベッドパッド
  • スプリングを長く清潔に保つ為にも、スプリングの上にベッドパッドを置きます。
  • 7.特にベッドの方にオススメのタオルカバー!
  • 寝具を長く快適にお使い頂くためには、カバーが汚れ防止のためにも重要です。 品質のよいカバーは生地の目が詰まっており、大切なお布団を汚れから守る効果も高いのです。 特に冬用のあったかカバーがオススメ。毛布なしでも暖かく、またタオル地の生地が毛布を滑りにくくしてくれます。